東古屋キャンプ場でソロキャンプ 2.10.24-25(その5)

東古屋キャンプ場でソロキャンプ 2.10.24-25(その5)

朝日は素晴らしい

今回持って行った寝袋はコールマンの0℃まで対応のヤツ。さすがに5℃未満になることはないだろうと思いましたが、念のため電熱ブランケットを持っていきました。

少々寒かったけど目が覚めたのは1時くらいに一度。5時にはいつも通り起床。
テントの中が寒かったので、
「スカート付きでもテントは寒い季節になってきたのか」
と思ってましたら、昨晩酔っぱらった挙句「寒い寒い」と急いでテントに入ったので、入口メッシュ状態で寝てました。そりゃ寒いはずだ。

とはいえ外とテント内ではやはり気温違いますね。出たら更に寒かったので、いつもはやらない焚火を朝から。
お湯沸かしつつ米をといで朝食の準備となりました。

朝食

30分の吸水の後にダイソーメスティンで1合のご飯を炊き、温泉卵とアサリの味噌汁、サバの缶詰とお漬物をいただきました。美味かった。

食後のコーヒーを飲み頭も体も目が覚めた7時過ぎに片付け開始。

お片付け

昨晩、たっぷり濡れたテントのフライを取り外し、近くの木にぶら下げて乾かしながら、他の物をテキパキとお片付け。一人分ですし隣に車を止めたので楽に片付けが出来ました。こういう時は椅子を先に畳んでしまうと「とりあえず」が無くて良いですね。

木にぶら下げたフライも9時には乾き、枯れ木で作ったトライポットを解体して完全撤収。10時前にキャンプ場を後にしました。

反省点

帰る途中で温泉に寄りながら、今回のキャンプの反省をば。

今回の一番の反省は、タープが小さかったこと。
ソロなんで小さめのヤツ(2.15×2.15)を持って行ったんですが、これがまあ小さかった。日よけについてはそれほど苦にならず、どちらかというとラッキーくらいでしたが、夕方の雨には本当にまいった。山の天気は変わりやすいってのをすっかり忘れてました。天気予報だけを信じちゃダメですね。

あとは食材と酒が若干多かったくらいかな。帰りには空ってのが理想なのに、あれやこれやと持って行きすぎました。せっかく献立決めたんだから余計なものは持って行かず、非常用の缶詰くらいにしときゃ良かったかな、なんて思いましたよ。

そんなこんなで今年2回目のソロキャンプは終了しました。この後家に帰って爆睡…という訳でもなく普通に片づけて翌日は元気に出勤。結構ストレス解消になりました。

ファミリーキャンプの時より楽だった、なんてのは家族には言えませんねえ(笑)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。