黄和田キャンプ場に初陣!!

黄和田キャンプ場に初陣!!

緊急事態宣言解除後の初キャンプに・・・

緊急事態宣言が解除になったばかりで、少し恐ろ恐ろのお出かけ

滋賀県にございまする「黄和田キャンプ場」というところに行って参りました。
よくご一緒するキャンパー夫婦からのご情報で、予約なしチェックインアウト時間なしという
何ともご親切なキャンプ場があるとの事で早速バラバラで突撃してきました。

朝8時からオープンとの事で、家(池田市)を7時過ぎに出発し名神「八日市IC」を降りたら道中すぐに、なんと24時間営業のマックスバリューにて少し買い物おば済ませ、30分くらいで到着(道を簡単ラクちんちん)o(*^▽^*)o

しかし・・・9時過ぎに到着したのだが、すでに満員御礼・・・Σ(゚Д゚|||)
おいおい、どういう事だこりゃー(汗)そんなに狭いキャンプ場やないで
3分ほど焦っている間に、お連れさん夫婦も到着(同じようにビックリしていた)

こちらのキャンプ場は、受付にいてはるおっちゃんにお金(1泊弐千円)をお支払しすると、何の説明もなしに
どこでも好きにしなはれシステムで、坂を下るとだだっ広い広場エリア(メイン)が出てきます。
あんまし隣の方たちと隣接は苦手な場合は、奥まで進むと林に囲まれた林間エリアもあります。
僕らの目的は広場エリアの「小川が目の前に広がる場所」をゲットする予定でした。

それでも隙間を狙い、まだこマシな場所を見つけ早速ランステを張り張り(´ε`;)

なんという事でしょう!!

お互いテント設営も一段落ついたところで、早めの昼食にとお連れ夫婦の奥ちゃまが手作りピッツァを
こしらえて下さるのですが、その最中目を疑う出来事が起きたのです!!

当初の目的である「小川が目の前に広がる場所」が急に空いたのです\(◎o◎)/!
どひゃー!!そこは思い描いた通りのスペッシャルな場所!!

しかしすでに幕体は設営済・・・もっかいあのしんどい事をやれというのか!?
ん~正直悩みましたが、とりあえず美味そうなピッツァが焼けたので、そこの場所にテーブルとイスだけ陣取り
冷えた白ワインと一緒に頂きましたぞい。ムフ~うまうま(◍˃̶ᗜ˂̶◍)ノ"

選択は間違いではなかった!!

腹が満たされたところで、せっかく来たのだからと最高の場所を陣取る事を決めた男たちの
動きは早かった!!多少なりワインで足にフラつきはあったものの、僕のランステだけチョイチョイと
お引越し完了٩(ˊᗜˋ*)

すぐさまお気に入りのスノピのコットも出して寝そべってみたら、アンタま~最高のシュチュエーションやがな
目の前に川が流れ綺麗なせせらぎな奏でられ、タープ張らんでも涼しげな木陰が暑さを吸収してくれる。
決断してホンマに良かったとしみじみ思った(✿˘艸˘✿)

綺麗な川だこと

目の前に広がる川にはに入る事が出来ました。

冷たくて澄んだ綺麗な川が、涼しげな音を奏でて流れております。
夏やったらビール飲んで暑なったら飛び込めちゃうなー!!

幸っちゅー幸をぶっこんだ

まったりタイムが終わったら早めの夕食タイム

今回は手の込んだ料理ではなく、海の幸山の幸これでもかー堪能コースです。
牛に豚に鳥に、サザエにイカに鮎にカマに、野菜もたっぷり酒がススミ過ぎますわー(≧∇≦)

今回は酒もたっぷり準備ok!!
オンライン飲み会に慣れてきた頃やったけど、やっぱこっちの方がええわーん

ランタンがよく合うわー

夕食が終わると僕はランタンを持ち出し木々にそっとかけた

やわらかな光が木の枝をライトアップさせ、まるで時間が止まったかのように思えた。

なんちゅー事を言いながら、ベアボーンズの新作LEDエジソンランタン最高やわ~
雰囲気抜群やね〜と自己満に浸ってまーす٩(๑´3`๑)

究極の大人な時間

どうして「焚き火」と「ジャズ」と「ウイスキー」はこんなに合うのだろうか!?

この組み合わせは、ゆっくりと時間が流れ頭の先から足先まで、どっぷりリラックスさせてくれる。
なんとまー素敵な大人な時間なんでしょう。

少し冷えた身体を温めながら、たまに夜空を見上げよう。

素敵な夜に・・・

最高の時間が流れ、腹も心も満たされたとこで僕は眠りに落ちた

僕はランステの中にカンガルースタイルはせず、そのままコットをしいて寝るスタイル
ランステはスカートがないのでインナーテントなしで中で寝ると隙間風で寒いと思われがちだが、実際寒い
暖房器具も準備せず、この試みが通用するのは4月~10月までかな?

もちろんすべてクローズして寝る訳だが、今回は虫も少なく寒さもマシであった

・・・だたひとつ、夜中に黒い野良ネコが不法侵入しきて残飯をあらしまくり、深夜僕と決闘する事になろうとは
この時ひとかけらも思うはずがなかった・・・
ゴルァ!!٩(╬ఠ༬ఠ)و

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。