佐野川温泉キャンプ場に行ってきた

佐野川温泉キャンプ場に行ってきた

予定が崩れた年末年始

1/4~5、佐野川温泉キャンプ場に行ってきた。2020年最初のキャンプ。
本当は1/2~3か、1/3~4に行くつもりだったのだけど、年末に崩した体調が戻らず断念。何とか1/4朝に復調したので行ってきた。自宅を08:00AMくらいに出発。東名の足柄SAで休憩。新富士ICで一般道に下りて、ホームセンターやスーパーに寄った。
無料のキャンプ場だけど、無料故に便利な施設は無い。水場/炊事場の類も無く、水の確保すら難しい。そのようなキャンプ場だから、もしかすると完ソロになるかな?と思ったら、既に5~6組程のキャンパーが。おみそれしました。

早速、設営

キャンプ場の空いているところを確保して、早速、設営開始。
空気は冷たいのだけど、日差しが良いのと、設営で身体動かしたのとで微妙に暑い。設営が終わった時は昼飯時になってた。
焚火台もセットして、火熾し開始。着火剤使って楽ちん。…トライポッド忘れてる! ま、いっか。(^^;;;

昼飯はカップ麺

先に書いた通り、このキャンプ場には水場/炊事場が無い。だからできるだけ洗い物を作りたくなかった。手抜きっちゃ手抜き。
周りのキャンパーさんを観察すると、カップ麺で誤魔化しているようなのは自分だけだった。ちょと恥ずかしい? ま、いっか。(^^;;;
やかんが良い感じに黒いでしょ?

場内散策

キャンプ場の奥には、川の対岸に行くための吊橋がある。せっかくなので対岸に渡ってみる。結構揺れてドキドキする。
誰かと一緒に渡ると正に吊橋効果? でも、おっさんが一人で渡っている。しゃーない。
対岸にもテントを張れる場所はあるけれど、車の乗り入れはできないせいか、対岸にテントを張っているキャンパーさんはいなかった。

自分のサイト

対岸から自分のサイトを眺める。何となく顔がにやける。

だらだら喰らう

昼間のカップ麺だけでは足りなくて、ポテチ食べたりしたのだけど、それでも足りない。
年末年始だし、気分は寝正月だし、食事の時間をきっちり決めるでなく、だらだら喰らうのも時には良いか。そんな気がして、持ってきた缶詰を焚火台で温めて食べることにした。
最初は秋刀魚缶。ビール呑みながら甘辛いタレ味を堪能。次はツナ缶。胡椒振っただけのシンプルさ。アヒージョっぽいけど、ニンニク入れてないからちょっと違うか。胡椒のピリ辛が旨いやね。コーン缶にオリーブオイル/胡椒/出汁粉末入れて温める。これまた美味い。
缶に残った汁/オイルは、ロールパンに吸わせて食べた。これも美味い。

一応、缶詰を直火で温めるのは、推奨しないよ。

炎を眺めながら酒

17:30を過ぎるとかなり暗くなってきた。焚火の炎が映える時間になってきた。
18:30にいつものウイスキーを取り出す。チーズをちびちび齧りながら、ウイスキーをちびちび呑む。視線の先には焚火台の炎。たまらんわ。

炎は癒し

だろ?

寒い上に、ゆっくり呑んでいるせいか、全然酔わない。
でも自分は酒に弱く、酒量は少なめ。焚火してるし、呑み過ぎるのは危ない。このペースでいい。

21:00過ぎに後片付けして、テントに入り、寝袋に潜った。少し寒い。車の中からマット/ブランケットを持ってきて、コットに敷いて使った。これだけで随分暖かくなった。

翌朝はゆっくり

チェックイン/アウトの時間が決まっているわけではないし、寝正月気分で、08:30AMくらいまで寝続けた。起きてテントの外に出た時は、既に撤収しているキャンパーもいたようだ。
火熾しして湯を沸かし、ロールパンを紅茶で食べた。
食べ終わってから、だらだらと撤収開始。夜露でフライは濡れていたけれど、日差しと風とでどんどん乾いていく。せっかくなので、シュラフを裏返して天日干ししてたら、風で飛ばされそうになって焦った。テントやグランドシートを畳みたいのに、風が邪魔をする。後片付けは11:30AMくらいに終了。
やっぱり寒い。近くの佐野川温泉で温まろう。ありがとうございました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。